学生クレジットカード作り方

学生の方のクレジットカードの作り方について

クレジットカード画像

学生向け発行されているクレジットカードの申し込み方法も、社会人を対象とした一般のクレジットカードと同様に、ネットから簡単に申し込むことができます。

18歳以上の学生であれば、大学生に限らず、大学院生、短大生、専門学校生もお申し込みできます。ただし、予備校生など認可されていない学校の学生は対象外となります。

学生向けクレジットカードの特徴としては、同じカード会社の一般カードと比較すると、年会費が在学中無料であったり、ポイント還元率が一般カードの2倍以上であったり、海外旅行傷害保険が自動付帯であったりします。このように、付帯サービスが優遇されているなど一般カード以上に充実していますので、学生の方は学生向けのクレジットカードを作るのがオススメです。

なぜ、このように、“学生向けクレジットカード”が一般カードよりカードスペックが充実されているのかというと、カード会社としては、人生で初めて作るクレジットカードを自社のクレジットカードを選んでいただきたい、そして、社会人になっても継続して自社のクレジットカードを使い続けれて頂きたいとの考えがあるからです。

人は使い続けているものに親近感も持つものでありますし、利用実績を積んでいただいた方には、卒業後も一般カードの会員として継続して頂きたいからです。学生カードで利用実績がある方は、一般カードの切り替わり時もスムーズに移行されます。

クレジットカード画像

また、社会人になった時に、他社のクレジットカードを作るとしても、学生の間にカード利用実績があると、カード発行の際に審査される項目の一つの与信に関する信用情報も積みあがっているので審査もスムーズとなります。

※クレジットカード会社によっては、“学生向けクレジットカード”を発行していない場合もございます。

クレジットカード申し込みに際して知っておきたいこと

銀行口座情報の準備
銀行通帳・キャッシュカードの画像
申し込み時の必要事項入力時に、クレジットカード利用代金引き落とし用の銀行口座情報の入力を求められる場合が多いですので、銀行通帳など(キャッシュカードでもいいですし、銀行口座番号のメモでもOK)を用意しておくといいです。

申し込み時に、ネットで引き落とし口座設定をするすか、後に郵送でするか選択できる場合も、ネットで口座設定をした方がクレジットカードの発行が早くなります。

引き落とし用の金融機関口座としては、都市銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫、信用組合、農協、漁協、ネット銀行です。ただし、クレジットカード会社によっては、これら全ての金融機関に対応していない場合もあります。

親権者の同意

親権者イメージの画像

学生の方がクレジットカードを申し込む際には、基本的に親権者の同意が必要となります。特に、未成年者の方は親権者の同意が必須となっています。
成人の学生の方は、親権者の同意がなくともクレジットカードを申し込めるのですが、同意がない場合は利用限度額が低く設定されることもあります。
クレジットカードによっては、成人の学生の方でも、親権者の同意を必要とする場合もあります。

本人確認書類の準備
本人確認書類の画像
クレジットカード申し込み時に、名前、住所、生年月日が確認できる本人確認書類として、運転免許証・パスポート・各種健康保険証・住民票の写し・外国人登録証明書・住民基本台帳カードのうちいずれかのコピーが必要です。
そして、学生であることを証明する学生証のコピーも必要です。

これを、画像アップロード、FAXまたは郵送で提出します。(カード会社によって異なります)
本人確認書類を、クレジットカード配達時に配達員さんへ提示という場合もあります。
地方から上京などをしていて、本人確認書類の住所が実家のままの場合は、電気料金や水道料金などの公共料金の領収証など、現住所が記載されているものが別途必要になります。

例えば、三井住友VISAカードのウェブサイトには以下のように記載されています。

上の本人確認書類の住所と、申し込みフォームにご入力の現住所、または申込書にご記入の現住所が異なる場合は、現住所の確認ができる下のいずれかの書類のコピーも併せてご用意ください。
ただし、領収日付[振替日付]があり、かつ発行日付より6ヵ月以内のもので、ご本人名義のものに限ります。
(1)公共料金の領収証書(電気・都市ガス・水道・NHK受信料のいずれか1つ)
(2)社会保険料の領収証書
(3)国税、地方税の領収証書または納税証明書

入会審査について
送信された情報を基に審査がされます。
社会人でしたら申し込み本人が審査対象となるのですが、学生の場合は親権者の職業や収入が審査基準となります。
審査に関してより詳しくはこちらのページへ掲載しております。

アルバイト等の収入があったら
もし、アルバイトなどで継続的な収入があるのでしたら、必要事項入力欄に収入についての欄があれば、そのことを入力すると良いです。
6ヶ月以上にわたって継続的で安定的な収入があるのでしたら、このことが審査上の評価となりえる場合もあります。
また、アルバイトの収入があることで、クレジットカード利用限度額やキャッシング枠が増える可能性もあります。

収入については年収金額の入力となりますので、1ヶ月の平均収入×12ヶ月分でOKです。おおよその年収でかまいません。しかし、実際の年収と大きく異なる金額を記入してはいけません。

学生は本来学業優先でありますので、基本的に収入欄の記入は「0」でかまいません

学生の方がクレジットカードを申し込みむ時の手順


1

加入したい“クレジットカード”のサイトへアクセスし、申し込みページで個人情報などの必要事項を入力して送信します。
365日24時間、パソコンやスマホでいつでも申し込みができます。
入力間違いがないようにしてください。入力の間違いがあると、その時点で審査ができず、審査落ちということになってしまいます。

2

「申し込み受け付け完了メール」が届きます。
このメーヘが申し込み送信後にすぐ届くカード会社もありますし、翌日以降に届くカード会社もあります。
また、このメールは、あくまで申し込みを受け付けましたというメールで、入会審査にとおったわけではありません。

3

クレジットカードの入会審査がされます。
二十歳未満の学生の方は、審査の過程で、親権者(親など)に同意確認の電話がいく場合があります(ない場合もあります)。
一応、電話があると仮定して、親権者にクレジットカードを申し込むのでと伝えておくといいです。

4

「審査結果のメール」が届きます。
審査にとおった方には、クレジットカードが発行され、郵送されます。
審査にとおらなかった方には、その旨、メールがきます。

5

クレジットカードが自宅へ届きます。
「本人限定受取郵便」など、受け取りが本人でなければならない形式で送られてくる場合は、本人以外での受取はできません。
また、この形式の場合は、クレジットカードの受け取りに、「本人確認書類」の提示が必要です。

6

クレジットカードを受け取ったら、カード裏側の署名欄に必ずサインをします。
サインは漢字、カタカナ、ひらがな、ローマ字のどれでもかまいません。一番書き慣れているもので書くといいです。
海外でクレジットカードでショッピングしたときなども、サインを求められたら漢字でサインして問題ありません。

署名欄にサインをしたら、即、クレジットカードの利用ができます。

では、学生の方がクレジットカードをネットから申し込む時の具体例として、「学生専用ライフカード」の申し込み画面をキャプチャしましたので、どのような順序で、どのような記入項目があるか、ご参考になさってみてください。
他のクレジットカードの場合も、おおよそ、同じような順序と記入項目になっています。

ちなみに、「学生専用ライフカード」は、ライフカードが一般カードとは別に、学生向け限定で発行しているクレジットカードです。

「学生専用ライフカード」を例に申し込み手順をご紹介

1.公式ページへアクセス
当サイトでも「学生専用ライフカード」をご紹介していますが、紹介ページから「学生専用ライフカード」公式ページへアクセスします。

公式ページにて、再度、クレジットカードが提供している付帯サービスなどについて確認します。

確認しましたら【申し込み】ボタンを押します。

2.申し込み画面で入力
ここから、申し込みに際しての、必要事項などを入力していきます。

学生ライフカード申し込み画面-1

5ステップでネット申し込みが完了することが分かります。
どのクレジットカードもそうですが、入力作業は10分〜15分で完了します。

このページでは、「同意事項」への同意が求められます。
同意したら、【同意して次へ】ボタンを押します。

次の画面から入力していきます。


学生ライフカード申し込み画面-2
まず初めに、カードブランドを選びます。
日本国内で利用するなら、どのブランドを選んでも、それほどの違いはありません。

ただ、海外旅行でクレジットカード利用をする予定がある方は、「マスターカード」か「VISA」をお選びになるといいです。
「JCB」の場合、海外においては、加盟店が充実していない地域もあるからです。

iPhoneなどのApple Pay(アップルペイ)へ登録する予定がある方は、「マスターカード」か「JCB」をお選びになるといいです。
「VISA」の場合、Apple Payに対応したオンラインショッピングで使うことができない、WalletアプリからSuicaへチャージできないなどの不便さがあるからです。

一番下に「バービーカード」がありますが、カード券面デザインがバービーになっています。カードブランドは「VISA」です。


学生ライフカード申し込み画面-3

固定電話はなくてもかまいません。スマホ・携帯電話の番号だけでOKです。

メールアドレスは、普段使っているメールアドレスを入力すればOKです。パソコンのメールアドレスでも、スマホ・携帯電話のメールアドレスでも、どちらでもよいです。格安スマホを使っている方はGメールなどのアドレスでかまいません。ここで登録したメールアドレスへ入会審査の連絡などが届きます。

自宅住所は、現在お住いの住所をご記入ください。

家賃のお支払いは、アパートやマンションなどに住んでいて、ご自分で家賃を支払っている方は「有り」にチェックをします。親御さんが家賃を支払っている場合は「無し」にチェックします。

住宅ローンのお支払いは、学生の方はないと思いますので「無し」にチェックをすればOKです。もし住宅ローンを支払っているのでしたら「有り」にチェックします。

居住年数は、実家にお住いの方は生まれた時から住んでいる場合は、年齢と同じ年数になります。アパートなどへお住いの方は、そこへ住んでからの年数を入力します。

ご家族の項目は、配偶者についてはご結婚されている方は「有り」、そうでない方は「無し」をチェックします。同居されている家族人数については、アパートやマンションに一人でお住いの方はは「1人」を選び、実家で家族でお住いの方は自分を含めた人数を選びます。生計を同一にされている人数については、学生の方は「その他」をお選びください。

【次へ】のボタンをクリックします。


学生ライフカード申し込み画面-4

学校については、現在在学中の情報を入力してください。
 年収についての記入項目がありますが、学生の方は学業優先ですので、「0」でかまいません。ただし、アルバイトなどで収入がある方は、1ヶ月の収入×12ヶ月の金額を入力するといいです。現実の収入と大きな乖離がなければ、おおよその金額でかまいません。例えば、先月5万円のアルバイト収入があれば、5万円×12ヶ月=60万円というように。
 アルバイトなどでの収入があることで、キャッシング枠が設定できたり、クレジットカードの利用限度額が増える可能性もあります。

キャッシングサービスについての項目ですが、他社からの借入件数・金額には、もし借り入れがあるならその件数と合計借入額を入力します。借入がなれば、0件、0万円でOKです。キャッシングご利用希望額には、特にキャッシングを必要としないのでしたら、「0」にするのが賢明です。そうすることで審査が通りやすくなります。ただ、海外旅行の予定があり、海外の旅行先で現地通貨でのキャッシングを予定されている方は、ここでキャッシング利用枠を設定する必要があります。ただし、あまり大きな額を設定すると審査に通らない可能性が大きななりますのでご注意ください。運転免許証については、所有しているなら「有り」、そうでなければ「無し」を選択ください。

カードショッピング取引を行う目的については、生計費決済をお選びください。そうでないと審査が格段に厳しくなります。

カード暗証番号については、任意の4桁の数字を入力します。

インターネット会員登録についてでは、ライフカード会員向けのウェブサービス「LIFE-Web Desk」へログインする時のパスワードを設定します。忘れないようにメモなどをしておくといいです。

追加サービスについてでは、ライフカードiDETCカードについて、申し込むか申し込まないかを選択します。ライフカードiDは、NTTドコモのおサイフケータイですので、NTTドコモのスマホ・携帯電話ユーザーでないと利用できません。ETCカードは、今後、高速道路利用の予定がある方は、ついでに申し込んでおくといいです。

これで、入力作業終了です。【確認】ボタンをクリックします。

次の画面で、入力した内容を確認します。

その次の画面で、オンラインでお支払口座を設定できます。必ずしもオンラインでお支払口座を設定しなくてもかまいません。後日、郵送での設定も可能です。ただ、オンラインで設定すると最短3営業日での早い発行となります。

学生がクレジットカード知識として知っておきたいこと

学生の方がクレジットカードを作る場合は、多くの場合、人生で初めて持つという場合が多いのではないでしょうか。
何事も人生で初めてのものは、何かと疑問などがあると思います。
クレジットカードは作り方も面倒ではありませんし、発行後の使い方についても使い慣れるとそれほど面倒なものではありませんのでご安心ください。

学生は学生向けのクレジットカードしか作れないの?

クレジットカード会社によっては、発行対象を学生の方に限定したクレジットカードを発行している場合もありますが、特に学生限定のクレジットカードは発行していないというカード会社も多くあります。
しかし、学生は学生限定発行のクレジットカードにしか申し込めないのかというと、そうではありません。一般カードに学生でも申し込めます

ただし、一部の一般カードには、入会する本人に収入があることを条件とするクレジットカードもありますので、そういうカードには申し込めません。

学生の方におすすめするクレジットカードとしては、やはり、学生限定のクレジットカードや、20代限定のクレジットカードは、付帯サービスなども充実している場合も多いですのでおすすめです。
学生の方におすすめのクレジットカード→

でも、特定のお店などの割引などがあるクレジットカードが欲しいという場合は、そのクレジットカードが学生でも申し込めるかチェックして申し込むといいです。

学生限定のクレジットカードは審査が通りやすいの?

特に、審査が通りやすいという訳ではありません。
学生の場合は基本的に収入がありませんりので、クレジットカードの入会の際の審査対象は「親権者(親など)」となります。
学生の方が、学生限定のクレジットカードに申し込まれても、一般カードに申し込まれても、同じように親権者の方が審査されます。

ただし、そのクレジットカード会社によって、多少審査基準が違いますので、その点においては審査のハードルが高い・低いはあります。

審査についてより詳しくはこちらのページで→

学生がクレジットカードを作る際に親権者の同意は必要なの?

そのクレジットカードによって多少異なります。
基本的には、未成年の場合は、親権者の同意を必要とします。
しかし、20歳以上の成年学生でも、学生の場合は親権者の同意を必要とするクレジットカードもあります。

また、20歳以上の成年学生でも、親権者の同意がない場合は利用可能枠を10万円とするクレジットカードもあります。親権者の同意があると利用可能枠30万円となります。

ちなみに、学生の方がクレジットカードを持つ場合、基本的には利用可能枠は原則30万円が最高です。

海外旅行時など、クレジットカードの利用金額が上限を超えそうだという時は「一時増枠」ができます。
一時増枠についてより詳しくはこちらのページで→

学生限定のクレジットカードは卒業後には使えなくなるの?

学生限定で発行されるクレジットカードを持っている場合、学校を卒業して社会人になったら使えなくなるの? という疑問があると思います。
卒業後は、一般カードの切り替わります

例えば、「学生専用ライフカード」の場合は、一般カードの「ライフカード」に切り替わります。

もちろん、一般カードに切り替わる時点で解約という選択肢もあります。

学生限定のクレジットカードは海外でも使えるの?

もちろん、問題なく使えます。
クレジットカードには、必ず、国際ブランドのロゴが付いています。
国際ブランドとは「JCB」「VISA」「Mastercard」「アメリカンエキスプレス」「ダイナースクラブ」などがあり、自分が持っているクレジットカードに付いている国際ブランドのロゴが店頭などに表示しているお店なら世界中のお店で使えます

海外旅行にオススメのクレジットカード→

学生はクレジットカードのキャッシングが使えるの?

クレジットカードの申し込み時にキャッシング枠を付けた場合はキャッシングできます。
また、クレジットカード発行後に、キャッシング枠を付けることもできます。

キャッシング枠が付いているクレジットカードなら、提携ATMで枠内でキャッシングができます

自分のクレジットカードにキャッシング枠が付いているかどうか確認したい場合は、クレジットカードの利用明細書を見ても分かりますし、カード会員用のウェブサイトでロクインして確認することもできます。

クレジットカードのキャッシングについてより詳しくはこちらのページで→

海外でのキャッシングはできるの?

海外旅行に出かけられる際に、海外の現地で現地通貨でキャッシングしたいという方もいると思います。
そういう場合も、キャッシング枠内で海外キャッシングもできるようになっています。

海外でキャッシングする場合は、自分のクレジットカードのロゴが、そのATMに付いているかどうか確認します。
この場合のロゴはクレジットカードの裏についているロゴで、「CIRRUS」「PLUS」のどちらかが付いています。

これは、国際プランドと関係があり、「JCB」と「Mastercard」「CIRRUS」「VISA」「PLUS」となっています。
海外ATMロゴの画像

クレジットカードの暗証番号はいつ使うの?

学生限定クレジットカードに限らず、クレジットカードは発行時または発行後、4桁の暗証番号を設定します。

この暗証番号は、キャッシングの時に入力が必要になりますし、ショッピングやレストランなどでの支払い時に、サイン(署名)の代わりに求められることがあります。

特に海外では、カード利用の際の暗証番号の入力が必須になりつつあります。

学生でも作れるApple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードはありますか?

はい、あります。学生向けに発行しているクレジットカードでもApple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードはありますし、一般のクレジットカードにも学生が申し込み可能で尚かつApple Pay(アップルペイ)対応のクレジットカードがあります。

Apple Pay(アップルペイ)をリアル店舗でのお支払メインで使いたいのか、「モバイルSuica」利用メインで使いたいかで、クレジットカードを選ぶと良いでしょう。

学生でも作れるApple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードについてさらに詳しく→

学生はETCカードも作れるの?

高速道路利用の際にあれば便利なETCカードですが、もちろん学生でも作れます。
ETCカードはクレジットカードの追加カード(子カード)として発行されますので、必要な方は、クレジットカードの申し込み時に同時申し込みをしてもいいですし、クレジットカードが届いた後に必要になった時に申し込みをしてもいいです。

ETCカード発行についてさらに詳しく→

学生が即日で作れるクレジットカードはあるの?

どうしても急いでクレジットカードが欲しい場合は、最速で最短即日発行可能なクレジットカード(一般カード)があり、学生の方でもお申し込みできます。

ネットで申し込み手続きをして、入会審査通過のお知らせがメールで届いたら、最寄りのカード受け取りカウンターへ出向いて受け取ります。

ただし、受け取りカウンターがある店舗が限られた地域にしかありませんので、全国の方が即日でカードを受け取れるわけではありません。

最短即日発行可能なクレジットカード→

リボ払いには注意を!

クレジットカードの利用代金は、基本的には一括払い(1回払い)ですが、2回払い、分割払い(2回以上の回数)、ボーナス1回払い、ボーナス2回払い、そしてリボ払いがあります。

ただし、全てのクレジットカードがこの支払い回数に対応している訳ではありません。分割払いがなかったり、ボーナス払いがなかったりするクレジットカードもあります。

そして、リボ払いですが、毎月の支払額を設定し、クレジットカードの利用代金がいくら増えても、その設定した額だけを毎月支払えばいいので、お金がない学生の方にはとても便利そうな支払い方法なのですが、リボ払いには15%前後の手数料(利息)が発生することを忘れてはなりません。
例えば、10万円の買い物をして、利息が15%として、支払い設定額を毎月1万円ずつにすると、返済回数が11回になり、返済総額は107,497円になります。

たかだか、7,497円だけ余分に支払うだけじゃないかと思うかもしれませんが、リボ払いでの買い物を続けているとそれだけ割高で買い物をしていることになり、いつまでたっても支払いが終わらない、ということにもなりますので、リボ払いは注意して使うようにするといいです。

※リボ払い手数料徴収方式には「元利定額リボ払い方式」や「元金定額リボ払い方式」などがあり、その方式によって手数料総額は若干異なります。

オススメの学生向けクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISAカードが発行対象年齢を18歳〜25歳限定の学生と新社会人向けに発行しているクレジットカードです。
三井住友VISAカードは、信頼のカードブランドを言われ、カードセキュリティ体制に力を入れておりますので、クレジットカードを安心して使いたいという方におすすめです。
最短3営業日発行。初年度年会費無料で、1年に1度でもカード利用があれば無料に。
iPhone Apple Pay対応クレジットカードなのでApple Payへ登録できます。
三井住友VISAデビュープラスカード詳細ページへ ≫



学生専用ライフカード

学生専用ライフカード ライフカードが学生専用に発行している「学生専用ライフカード」です。18歳〜25歳までの大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の学生の方が発行対象となります。
ポイントが貯まりやすのも魅力ですが、海外旅行をされる学生の方に特にオススメのクレジットカードとなります。なぜかと言うと、海外でのクレジットカード利用分に関しては、なんと5%ものキャッシュバックがあり、最高2000万円の海外旅行傷害保険も自動付帯されているからです。
最短3営業日発行。年会費無料。 学生専用ライフカード詳細ページへ ≫



学生専用JALカードnavi

学生専用JALカードnavi JALカードが学生専用に発行している「学生専用JALカードnavi」です。18歳〜30歳までの大学・大学院・短期大学・専門学校・高専4・5年生に現在在学中の学生の方が発行対象となります。
JALカードの基本サービスをすべて利用できるうえに、買い物でも搭乗でもJALマイルがが貯まりやすく、6割引のマイル数で航空券に交換できますし、国内・海外旅行傷害保険も自動付帯していますので、学生の間に国内・海外旅行へ出かける方、帰省などで日本航空を利用する機会が多い方は、「学生専用JALカードnavi」を持っていると何かとお得です。
発行まで約4週間。在学中年会費無料。 学生専用JALカードnavi詳細ページへ ≫



ANA VISAカード(学生用)

ANA VISAカード(学生用) 三井住友VISAカードが学生専用に発行している「ANA VISAカード(学生用)」です。18歳以上の大学・大学院・短期大学・専門学校・高専4・5年生に現在在学中の学生の方が発行対象となります。
ANAカードと三井住友VISAカードの基本サービスをすべて利用できるうえに、ANAマイルがが貯まりやすく、国内線割引運賃の「スカイメイト」が利用できます。ショッピングで貯まる三井住友VISAカードの「ワールドプレゼントポイント」のANAマイル移行手数料も在学中は無料です。海外旅行傷害保険も自動付帯していますので、学生の間に国内・海外旅行へ出かける方、帰省などで全日空を利用する機会が多い方は、「ANA VISAカード(学生用)」を持っていると何かとお得です。
最短3営業日発行。在学中年会費無料。
iPhone Apple Pay対応クレジットカードなのでApple Payへ登録できます。
ANA VISAカード(学生用)詳細ページへ ≫



学生にも積極的に発行をする一般クレジットカード

楽天カード

楽天カード 楽天カードは学生向けのクレジットカードではありませんが、18歳以上であれば学生の方でもお申込み頂けますので、ポイントが貯まりやすいカードとして人気ですのでご紹介いたしたいと思います。
以前から、楽天カードは通常のポイント還元率が1%ということで、ポイント高還元率カードとして人気のクレジットカードの一枚でしたが、最近は、テレビCMの影響もあり、認知度がさらに広がってカード会員が増えています。楽天市場をはじめとして、楽天グループでのネットショッピングをする方は是非持っておきたい、持っておいて損はないクレジットカードです。利用付帯となりますが、海外旅行傷害保険も補償内容が充実しています。
通常約1週間ほどでカードをお届け。年会費永年無料。
iPhone Apple Pay対応クレジットカードなのでApple Payへ登録できます。
楽天カード詳細ページへ ≫



エポスカード(マルイ)

エポスカード マルイの「エポスカード」も学生向けのクレジットカードではありませんが、学生の方に積極的に発行しているクレジットカードです。18歳以上であれば学生の方でもお申込み頂けます
エポスカードは、はじめてクレジットカードを作る10代・20代、クレジットカード保有枚数が少ない10代・20代を優良顧客と考えていますので、学生の方にも積極的に発行しているのです。ですから、学生クレジットカードにこだわらないという方は、エポスカードを検討の一枚としておすすめです。海外旅行傷害保険も自動付帯されています。
また、エポスカードは最短即日発行にも対応していますので、お近くにマルイ店舗がある方でお急ぎの方にはお得にオススメです。
年会費永年無料。 エポスカード詳細ページへ ≫